英語耳 リスニング

英語耳 リスニング

英語耳 リスニング

 

これからいよいよ英語耳を作っていくわけですが
その前に今の自分のリスニング力がどれくらいかを知っておきましょう。

 

まず海外映画でも手持ちの英語教材でも何でも良いので
英語を聞いてみるところから始めます。

 

文章の長さとしては単語数約150?200語ほどが適当です。
要はある程度まとまった量の英語が聞けるものであれば良いということです。

 

スピードについては、使用する教材によって異なると思います。
リスニングCDなどは練習用に少しゆっくりとしたスピードになっていたり、ニュースの英語はネイティブスピーカーが通常のスピードだったりします。

 

どちらのスピードでも結構なので、最初から最後まで全体を通して聞いてみます。
ここで意味を理解する必要はありません。また一文一文切ったり段落毎に切ることはしないで下さい。

 

これはあくまで自分がどれくらい英語の音を聞き取れるかのリスニング力を把握するために行うものなので、
そのまま流れてくる音声をそのまま聞くようにしましょう。

 

全て聞き終わったら以下のように自分のリスニング力を判断してみて下さい。

 

1. ほとんど聞き取れない
2. ところどころ単語が聞き取れた
3. ところどころ文章が聞き取れた
4. 文章の半分ほどが聞き取れた
5. ほとんど聞き取ることができた

 

 

これは大まかな判断基準ですので、細かい点の判断は人によって様々だと思います。
4または5だという方はゼロから英語耳を作る必要はないと言えます。

 

1?3に当たる方はこれから英語耳を作っていくことになります。

 

出来ないことは恥ずかしいことなのではなく、
自分がどのくらいのレベルにいるのかを把握すること
いわゆる自分の能力に向き合う強さを得ることから始めていきましょう。